技能実習生制度とは? 制度のご説明

技能実習生

制度のご説明

日本の企業などで技術、技能を身につける為に日本に来ている外国人を技能実習生(旧:研修生)と言い、この技能実習生を受入れる為の制度を外国人技能実習制度と言います。

外国人の雇用時に必要なことを組合がサポートし、企業様は実習作業(お仕事)を教えることに集中する。そしてトラブル等の発生時は企業様と組合が協力して解決していく制度です。

外国人技能実習制度にはいくつかの条件がありますが、この制度を利用するメリットはたくさんあります。ここでは受入れの条件などを詳しくご紹介していきます。

組合では安心して技能実習生を受入れていただけるようにサポート体制を構築しています。

制度の詳細

制度の詳細

制度の目的や実習生が日本に在留する為の資格など

詳しくはこちら

受入れの条件

受入れの条件

受入れを行うにはどのような条件があるのでしょうか?様々な決まりごとや制限について

詳しくはこちら

企業様の役割

企業様の役割

この制度における企業様の役割、私たち組合の役割とは何でしょう?

詳しくはこちら

受入れの流れ

受入れの流れ

実際にお申込みいただき、入国配属までの手順を見てみましょう。

詳しくはこちら

お問合せはこちらから

実習生に関すること、メリット/デメリットや準備態勢について等何でもお答えいたします! お気軽に電話・メールにてお問合せください。

お電話の方はこちらからどうぞ

西日本エリアの方

0742-94-6333

東日本エリアの方

03-5425-1720

電話受付時間: 平日 9:00~17:00

資料をもらいたい 技能実習生について詳しく聞きたい 電話連絡がほしい
ミャンマー   ベトナム   中国     その他