実習生NOW

中国のゼロコロナ政策が経済への影響長期化

最近、感染力の強い新型コロナ変異種「BA.5」が拡大されたため、中国では一部都市のロックダウンの実施が継続されて、経済への影響長期化の懸念は強まっている。

それと同時に、複数の地方都市において、マンション購入者が団結してローンの支払いを拒むといった“爛尾楼”問題が多発していることが中国経済に重くのしかかる。

7月11日現在、31都市が全面的もしくは部分的なロックダウンを実施中。これらは国内総生産(GDP)の4分1に寄与する地域であり、約2億5000万人が影響を受けている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。