実習生NOW

コロナ禍における優良企業への取り組み

令和2年、新型コロナウィルス感染症の世界規模での流行が起き、実習生への入国がスムーズにできなくなりました。このような状況につれ、中国とベトナムにて実習生への募集も難しくなり、人材確保は各企業として大きな悩みとなりました。優良企業であるS社への聞き取りができ、実習生を含めてどのような措置を取ったのでしょうか。社長の話によると、令和2以後、実習生の来日が出来ず優秀な実習生を呼び戻すため優良企業になることが必要だと考えていました。対策として、1・ワクチン接種は個別接種に弊社社員を同行させた上受診させています(全員2回接種済みです)(会社の親切さを感じてもらうため)。2・日常のマスク着用の必要性を説明し指導しています、また体調においても毎日体調管理することを全実習生に徹底させています。3・実習生には日本語に弱い傾向があり、2週間ごとに会社にて日本語勉強をさせています。4・休日を利用し、寺社見学および文化学習を実習生全員に参加してもらいます。5・実習生全員には町内清掃ボランティアへの参加を促し、月1回、地域社会との交流実施を行いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。